琉球表を使った畳縁付き新畳の施工例


こんばんは!畳の良さを伝え続ける畳バカ三代目福田 隆です(^^)

琉球表の原料となる七島藺の刈り取り研修に行ったお陰か、琉球表でというご注文をいただく機会が多かったように思います。

実は七島藺の神様が見てくれていたのかと、そんな気もしてます(笑)

さてそんな琉球表を使った施工ですが、琉球表と言うと、畳縁が付いていない、いわゆる琉球畳と呼ばれる縁無し畳のイメージを持たれる方が多いと思います。

ですが、琉球表を使った場合、畳縁を付けた場合も琉球畳と呼んでおります。

まずは琉球表。このような状態で、大分県国東市から届きます。この状態ですでによだれが出そうです笑

うーん。やっぱり雰囲気持ってます。

そして敷き込んだところです。

10畳+7.5畳の広い空間に敷き込んだことで大迫力となりました!

畳縁は福井県産の純綿縁(光輝縁)の栗色です。渋くてかっこいい!

これを見ると、縁付きの琉球畳もなかなか良いでしょ(^^)

また機会があったら縁付き琉球畳作ってみたいです。

それではまた。

 

\畳の事なら気軽に相談してね/

TEL:0956-85-2108

たたみの福田 畳メニュー

福田の畳への想い
参考価格

たたみの福田近隣マップ

フェイスブックユーザーの声

PAGE TOP ↑