梅雨時期のカビ対策 |波佐見、川棚、彼杵、佐世保 たたみの福田

梅雨時期のカビ対策


畳のバカがここにいる!!畳バカ三代目福田 隆です(^^)

 

 

今日、九州全域が梅雨入りしたと発表されました(^-^;今日からおよそ1ヶ月半、じめじめとした気候になってきます。アジサイは梅雨大好きなんでしょうけどね(^^)

 

 

image

 

 

 

そしてこの時期から厄介なのはカビが発生しやすくなる気候だということです。カビは気温20℃、湿度60%から発生しやすくなり、気温25℃~30℃で最も発生しやすくなります。

 

 

そこで今日はカビの事について書いていこうと思います。

 

まずなぜカビが生えるのかと言いますと、空気中には常にカビの胞子(種)が浮遊しています。そして酸素、水分、栄養素、pH値が揃って初めてカビが生えやすくなってきます。

 

 

まず酸素、水分ですがどこでもあります。次にpH値ですが2~8.5という広い範囲で生育が可能です。最後に栄養素ですがカビが生えるために必要な栄養素は3つあります!まず炭素源(ブドウ糖、デンプン、油脂等)、次に窒素源(たんぱく質、アミノ酸、アンモニウム塩等)、最後にミネラル類(カルシウム、マグネシウム等)です。この三大栄養素ですが、1つでも欠けるとカビは増殖しません。

 

 

そしてここからが本題です。なぜ新しい畳というのは畳替えしてから1年~3年の間はカビが生えやすいかと申しますと、この条件を全て満たしてしまうからなんです。い草というのは昔、薬草として使われたこともある非常に栄養価の高い野菜です。もちろん三大栄養素も豊富に含みます。

 

次にい草の構造ですが、い草の中はハニカム構造といってスポンジのように小さい穴がたくさん開いています。この構造が畳の優れた吸放湿性の元となっているのですが、梅雨の時期になりますと湿気があまりにも多すぎるので放湿が出来ず溜まっていく一方になります。そして酸素も同様にハニカム構造に取り込まれてしまいます。

 

 

このようにい草が植物として優れているから故にカビが生えやすくなっています。ではどうすればカビが生えにくくなるのでしょうか。三大栄養素は豊富、酸素もある、水分もあるpH値も問題ない…なかなか難しいですね。しかし出来ることはあります。

 

 

・まず湿度を下げる。

 

 

・胞子を部屋から追い出す。

 

 

・カビそのものを攻撃する。
です。

 

 

まず1つ目の湿度を下げるですが、エアコンのドライ機能や除湿器等を使って湿度を下げることができます。

 

 

2つ目の胞子を追い出すですが、雨が降ってない日などに窓を開けていただいて空気の循環を行ってください。どうしても閉めっぱなしになってしまいますと、部屋の湿度も上がりますし胞子が畳の上に落ちて発芽してしまいます。ここで忘れていましたが、カビの胞子は畳の上に落下してからおよそ2日で発芽するそうです。ですのでこまめに掃除機をかけていただくことも効果的だと思います。

 

 

最後のカビを攻撃するですが、カビはエタノール消毒液で退治することが出来ます。その時のアルコール濃度は70%がベストだそうです。70%ってどうやって量るんだよっ!と突っ込まれる方もいらっしゃると思います(笑)が、無水エタノールというアルコール純度99.9%の物がありますので、無水エタノール70cc+水30ccで比較的簡単にアルコール濃度70%のエタノール消毒液が完成します(^^)これをスプレーボトルに入れていただいてスプレーしていただき、最後に掃除機かけていただくか、拭き取りをしていただけるといいと思います。

 

 

もしカビ、その他の事でお分かりにならないことがございましたら、ご遠慮なく質問していただけたらと思います(^^)

 

 

それでは今日もお疲れさまでした(*^^*)

たたみの福田
電話お問い合わせ
TEL:0956-85-2108

たたみの福田 畳メニュー

福田の畳への想い
参考価格

たたみの福田近隣マップ

フェイスブックユーザーの声

お問い合わせ

お問い合わせ

私が福田です!

フェイスブックページ運営してます!

ページ上部へ戻る