柔らかい畳床を使ってみました |波佐見、川棚、彼杵、佐世保 たたみの福田

柔らかい畳床を使ってみました


こんばんは!畳の良さを伝え続ける畳バカ三代目福田 隆です(^^)

 

昨日は新畳を作っていましたが、普通の畳の土台(畳床)ではなく、少し柔らかめの畳床を使ってみました。

 

これがいつも使っている、インシュレーションボードと呼ばれる木質繊維で出来た物で、断熱材にも使われるフォームを挟み込んだ物です。上面の白いものは不織布で出来た厚手のクッション材となります。

 



 

指で押してみるとこんな感じです。厚手のクッション材を使っていますので、そこそこの弾力性はあります。

 



 

そして今回使ったケナフボードとインシュレーションボードの畳床です。構造はケナフボード、インシュレーションボード、フォームとなります。ちなみにケナフとはアフリカ原産の植物です。

 



 

指で押すとこの弾力性!しかも今回は畳床の裏面にもクッション性を高めるシートを使っていて、表と裏の両面から弾力性を高めてみました(^^)結果、足当たりの良い畳が出来ました(^-^)v

 



 

一概に柔らかい物が良い物というわけではありませんが、普通の畳より柔らかめの畳も製作出来ますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)
 

それでは今日もお疲れ様でした(*^^*)

 

TwitterとInstagramをやっていますのでお気軽にフォローしていただけたら幸いです(^^)

 

Twitter 畳バカがいる店!!たたみの福田 (@ttmabnoforgreen)はコチラです(^^)

 

Instagramはコチラです(^^♪

たたみの福田
電話お問い合わせ
TEL:0956-85-2108

たたみの福田 畳メニュー

福田の畳への想い
参考価格

たたみの福田近隣マップ

フェイスブックユーザーの声

お問い合わせ

お問い合わせ

私が福田です!

フェイスブックページ運営してます!

ページ上部へ戻る